2010年01月14日

大鏡餅競争 徳島の男性が初優勝 兵庫・南あわじ市(産経新聞)

 ジャンボ鏡もちを担いで歩いた距離を競う「大鏡餅(もち)競争」が12日、兵庫県南あわじ市北阿万筒井の薬王寺で開かれた。同県内や徳島県から14〜60歳の男性23人が参加し、徳島県鳴門市の会社員、段洋司さん(33)が91・2メートルを歩いて初優勝を果たした。

 年始の「厄除祈祷(やくよけきとう)大祭」の余興として昭和初期から開催。今年の鏡もちは上下二段重ねの計94・5キロを用意し、台座の三方も合わせた総重量は昨年より5キロ重い161キロになった。

 境内には長さ30メートルのコースが設けられ、腹帯を付けた参加者らが、消防団員らの力を借り、三方を抱えてスタート。顔を紅潮させながら前に進む姿に見守る観衆からは「頑張れ」と声援が飛び、拍手も起こっていた。

 会社の同僚3人で初参加したという兵庫県姫路市の小野浩司さん(35)は「鏡もちは重たかったが、こつをつかめば距離が伸びそう」と話していた。

【関連記事】
姫路で全国凧あげ祭り 手作りたこが乱舞
新成人が弓始式 山口・防府天満宮
1.8mの筆踊る 広島で巨大書き初め
大和三山 中大兄皇子の歌と「美しき誤解」
卑弥呼の鏡 国の成り立ち思う機会に

n1t3oxn8のブログ
つねおのブログ
債務整理・自己破産
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
posted by ひーせーラブ at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政治主導の人事加速、主要官僚の退任相次ぐ(読売新聞)

 鳩山内閣で最近、主要官僚の急な退任が相次いでいる。

 「脱・官僚依存」を掲げる政権の意向に沿う形だが、異例の人事に霞が関では戸惑いが広がっている。

 総務省の鈴木康雄次官は通常国会召集を控え、原口総務相に勇退を申し出た。総務相も了承し、後任に岡本保総務審議官を起用することにした。15日に発令する見通しだ。鈴木氏は昨年7月に就任したばかりで、省庁の官僚トップの次官が1年足らずで交代するのは極めて異例だ。

 総務相は「地域主権改革」に意欲を示し、地方行政に精通する人材を求めていた。こうした総務相の意向が、旧郵政省出身の鈴木氏から旧自治省出身の岡本氏への交代を促す圧力となったという見方がある。

 また、鳩山政権になって政策決定は閣僚、副大臣、政務官の「政務三役」が主導している。鈴木氏についても、「課長から結果を知らされるような状態に嫌気がさした」(総務省関係者)という声が出ている。

 閣僚が直接、更迭した例もある。

 公務員制度改革担当の仙谷行政刷新相は昨年12月17日、立花宏・国家公務員制度改革推進本部事務局長を退任させた。後任には大島敦内閣府副大臣が就く。仙谷氏は退任の理由を「前政権下の体制は、私どもが考える基本理念と同じかどうか分からない」と説明した。12月25日には、前原国土交通相が旧運輸省出身の本保芳明観光庁長官を退任させ、旧自治省出身でJリーグのサッカーチーム運営会社元社長の溝畑宏氏を新長官に充てる人事を発表した。民間の力による観光振興のてこ入れが狙いだという。

 自民党政権では、各省庁の幹部人事は、官僚側の意見を閣僚が受け入れる形で行われることが多かった。これに対し、鳩山首相は一時、政権交代後に局長以上の幹部に辞表を出させる意向を示すなど、政権の方針に従わせるために政治主導の人事を積極的に行う構えを見せていた。霞が関では「最初は様子を見ていたが、そろそろ本格的に人事に手を突っ込み始めた」と警戒する向きがある。

ますみのブログ
アイフォン研究会
債務整理・自己破産
即日現金化
クレジットカード現金化
posted by ひーせーラブ at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。