2010年05月29日

<口蹄疫>エース級種牛感染疑い…避難6頭中の1頭(毎日新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、国の特例措置で西都(さいと)市に避難していた「宮崎牛」のエース級種牛6頭のうち1頭に、口蹄疫に感染している疑いがあることが21日分かった。2回の遺伝子検査でいずれも陽性を示したという。県は残り5頭の扱いについて、農林水産省と協議している。

 県が避難させた種牛は「福之国(ふくのくに)」、「勝平正(かつひらまさ)」などの6頭。県は13日、ブランド保護の観点から、県家畜改良事業団(高鍋町)から北西に約24キロ離れた西都市内の簡易畜舎に避難させたが、その2日後に同事業団で感染が確認され、種牛49頭を含む308頭が殺処分された。避難して1週間の経過観察では無事だったが、その後に感染疑いが出た。

 49頭の種牛を失い、隔離された6頭は、県畜産の再興を担う一筋の光だった。仮に6頭の感染が判明すれば、宮崎牛ブランドにとって致命的な打撃となるのは必至だ。

 ◇

 農林水産省は「6頭は1頭ずつ隔離して管理していると聞いている。残り5頭を殺処分するかどうかは、隔離状況を確認したうえで、県と協議して判断したい」としている。

【関連ニュース】
口蹄疫:宮崎発着の航空券変更など手数料取らず 全日空
口蹄疫:「殺処分奨励金」評価全額支払い方針 農相が表明
口蹄疫:宮崎県西都市でも新たに感染の疑い 2市4町に
口蹄疫:新たに疑い例処分は約13万頭に
口蹄疫:「補償内容が不透明」地元自治体が難色

<口蹄疫>家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市(毎日新聞)
脱「名峰」 低山歩きの美学 標高1500メートル以下(産経新聞)
<JR東海道線>人身事故で3万人に影響(毎日新聞)
児童ポルノ画像、発見即遮断…年度内開始へ(読売新聞)
サッカー日本代表、活躍を期待する選手は誰?(Business Media 誠)
posted by ひーせーラブ at 19:35| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

<普天間移設>首相「辺野古」表明 知事「厳しい」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、沖縄県庁で仲井真弘多知事と約20分間会談した。首相は「日米で協議を重ねた結果、代替地そのものは(同県名護市)辺野古付近に(建設を)お願いせざるを得ないとの結論に至った」と述べ、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する考えを初めて表明した。仲井真知事は「極めて大変遺憾だという点と、極めて厳しいことをお伝えするしかない」と述べ、県内移設は受け入れられないとの考えを示した。

 首相の沖縄訪問は5月4日に続き2度目。首相は県内移設に至った理由について「今日の東アジアの安全保障環境に不確実性がかなり残っている中で、海兵隊を含む在日米軍全体の抑止力を現時点で低下させてはならない」と説明。その上で「私自身の『できる限り県外だ』との言葉を守れず、県民の皆さんに大変混乱を招いたことに関して心からおわび申し上げたい」と陳謝した。

 首相は27日の全国知事会議で各都道府県知事に対し、訓練移転の受け入れを要請することにしており、「米軍の訓練をできるだけ県外に移すことで負担軽減の実を上げたい」と指摘。「(これで)終わりと思っていない」とさらなる負担軽減策を模索する意向を強調した。

 前回の訪沖の際に仲井真知事から要請のあった▽米軍機の騒音軽減▽嘉手納基地以南の基地の返還▽ホテル・ホテル訓練区域の返還▽米軍基地の環境面への配慮−−の4項目に関しては「米側の協力を求めながら最善を尽くす」と負担軽減策をパッケージで示す考えを表明した。

 首相は会談終了後、記者団に「知事はじめ県民の皆さんのご理解を頂くためにできるだけ話し合い、ご協力を頂けるよう誠実に努力したい」と述べた。【横田愛、青木純】

【関連ニュース】
普天間移設:米要求に大幅譲歩 現行案と大差なく
普天間移設:シュワブ沿岸、日米合意 工法は9月に先送り
日米外相会談:「北朝鮮に圧力」連携 普天間決着へ協力
普天間移設:「条件付き容認」辺野古区の行政委員会が決議
普天間移設:現行案の見直し、米に理解求める…下地氏訪米

プリンストン、外付けHDDでバックアップが手軽に、耐衝撃性も確保
口蹄疫 いたる所に石灰散布…最大の感染地・川南町ルポ(毎日新聞)
首相動静(5月23日)(時事通信)
テレ朝2審も敗訴 マンション建設報道で(産経新聞)
示談を考慮、裁判員裁判控訴審で初の1審破棄(読売新聞)
posted by ひーせーラブ at 17:36| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

<毎日動画アワード>大賞に北海道の長瀬芳伸さん(毎日新聞)

 毎日新聞社の総合情報サイト「毎日jp」の動画コーナーに09年度に投稿された動画から優れた作品を選ぶ第2回「毎日動画アワード」の大賞に、長瀬芳伸さん(北海道)の「宮島沼のすすめ(1)〜人間と真雁〜」が決まった。

 審査委員会(山田顕喜・日大芸術学部映画学科教授、俳優の永島敏行さん、山田道子・サンデー毎日編集長)が選考した。大賞以外の受賞作は次の通り。

 【審査委員奨励賞】地域部門=本田孝義さん(東京都)「えみき伝承祭」▽ニュース部門=川村伸司さん(北海道)「踏切事故」

【関連ニュース】
南アW杯:選手決定で都内各地で号外1万部配布…毎日新聞
毎日新聞社:1都3県で「MAINICHI RT」創刊へ
ダライ・ラマ:病める日本にメッセージ 毎日新聞と会見
毎日花月:吉本の芸人が漫才、新喜劇 450人が楽しむ
毎日デザイン賞:表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌

民主新人を推薦、自民現職は支援=参院選対応で−日医連(時事通信)
<強盗>「すき家」に2人組 数十万奪い逃走 山梨・都留(毎日新聞)
【ぐるり地球紀行】今回は「台湾」をぐるり 山紫水明、神秘の眺め(産経新聞)
小林氏陣営、会計担当者の初公判=起訴内容認める見通し―北教組の違法献金事件(時事通信)
死刑執行「当分行われない」 廃止議連・亀井氏が発言(J-CASTニュース)
posted by ひーせーラブ at 23:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。