2010年01月18日

芥川賞は該当作なし(産経新聞)

 第142回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が14日夕、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、芥川賞は該当作がなかった。該当作がなかったのは、平成11年の121回以来、11年ぶり。

【関連記事】
本紙記者が占う芥川賞 大森兄弟、藤代が有力か
“ハルキ・イヤー”にあえて「1Q84」を除くと…
レコ大最優秀新人賞にBIGBANG 韓国歌手は19年ぶり
涌井が怒りの保留「沢村賞のすごさ分かってない」
原監督が日本人初受賞 「国際寛容賞」って何?

元理研研究員らに有罪=背任事件−東京地裁(時事通信)
成人式でパチンコ店放火の犠牲者に黙祷 兵庫県上郡町(産経新聞)
重要民俗文化財 沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)
副幹事長ら無言で立ち去る=民主党本部前(時事通信)
社民・又市副党首「様々多難な年みたいな予感が」 小沢氏問題で(産経新聞)
posted by ひーせーラブ at 14:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。