2010年01月23日

平泉、小笠原を正式推薦=世界遺産候補−政府(時事通信)

 政府は18日、世界遺産条約関係省庁連絡会議を開き、平泉の文化遺産(岩手県)と小笠原諸島(東京都)を世界遺産候補として正式に推薦することを決めた。月内に国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出する。併せて、世界文化遺産の石見銀山遺跡(島根県)の登録範囲拡大も申請する。
 平泉と小笠原諸島は、2011年のユネスコ世界遺産委員会で登録の可否が審議される。平泉は08年にいったん登録が見送られており、構成を絞り込んだ上での再推薦となる。 

【関連ニュース】
【動画】岡本太郎のモザイクタイル壁画下絵を初公開
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産
〔写真特集〕発掘・出土品
〔写真特集〕日本と世界の古文書

小沢幹事長、検察に宣戦布告!「断固戦う」(スポーツ報知)
春の遍路シーズンの幕開けを告げる小豆島霊場開き(産経新聞)
「歌会始の儀」 両陛下や入選者の歌(産経新聞)
土地探しに小沢氏関与、大久保被告が案内(読売新聞)
<日米安保>調印50年 首相「普天間が試金石」(毎日新聞)
posted by ひーせーラブ at 17:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。