2010年01月27日

<渋谷暴動事件>29年ぶりに控訴審再開か(毎日新聞)

 沖縄返還協定批准に反対する71年11月のデモの際、機動隊員が死亡した「渋谷暴動事件」で殺人罪に問われ、81年から精神的な病気のため控訴審の公判が停止されている元高崎経済大学生、奥深山(おくみやま)幸男被告(61)について、「訴訟能力がある」との鑑定結果が出ていたことが分かった。東京高裁(若原正樹裁判長)が公判を再開する可能性が出てきた。弁護団は22日会見し「裁判ができる状態ではない」と反対する考えを示した。

 高裁が依頼した鑑定医が7日に意見書を提出した。84、94年には「訴訟能力はない」との鑑定結果が出ており、弁護団は「1鑑定だけで公判が開始されるのは問題」と主張し、今後、鑑定医の尋問を求める方針。

 事件は、中核派が主導する学生、労働者ら約150人が渋谷の繁華街で機動隊と衝突し、機動隊員(当時21歳)が死亡した。奥深山被告は79年、東京地裁で懲役15年の判決を受け控訴。公判停止が長引いているため、弁護団は有罪・無罪の判断を示さずに裁判を終了する「免訴」などを求めていた。【銭場裕司】

【関連ニュース】
菅財務相:沖縄返還密約文書 財務省へ調査の徹底を指示
日米密約:報告書取りまとめ延期…2月下旬以降に
沖縄返還密約:有識者委が財務省に資料要求 補償費負担で
核密約文書:佐藤元首相の遺族が保管 日米首脳署名
社説:沖縄核密約 文書の意味徹底検証を

コミック試し読み端末、試験運用好評(読売新聞)
<脳>運動で若返る マウス実験で証明(毎日新聞)
センター追試972人に(時事通信)
鳩山内閣閣僚は小沢氏を擁護、検察・マスコミ批判、開き直りも(産経新聞)
<DV>「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望(毎日新聞)
posted by ひーせーラブ at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。