2010年03月23日

輿石氏土地疑惑「脱税の疑いも」 自民PTが視察(産経新聞)

 民主党の輿石東(こしいしあずま)参院議員会長の自宅敷地をめぐる農地法違反疑惑で、自民党の「労組マネー疑惑追及プロジェクトチーム」(PT)は19日、神奈川県相模原市にある問題の土地を視察した。

 輿石氏の義弟名義になっている問題の土地は、農地からの転用を原則禁じた「農振農用地」に指定されているが、輿石氏の自宅母屋部分とともに塀で囲まれ、車庫と裏門から自宅につながる通路に“転用”されていた。

 視察した逢沢一郎衆院議員は「実態は輿石氏の自宅だ」と強調。小里泰弘衆院議員も「宅地として支払うべき固定資産税を農用地として100分の1程度しか納めなかった疑いがある」と指摘した。

 逢沢氏らは相模原市農業委員会からヒアリングも実施。市側は、輿石氏の義弟に対し、昨年10月から3度にわたり行政指導を行ったものの、改善策を講じる気配がないことなどを明らかにした。PTは週明けの国会で疑惑を追及していく。

漫画の性描写規制、継続審査へ=都議会(時事通信)
足利事件判決公判で録音・録画を 民放連が声明(産経新聞)
将棋 前例離れ、最終盤へ 王将戦第6局(毎日新聞)
元暴力団の死刑囚、二審も懲役20年=上申書で発覚の保険金殺人−東京高裁(時事通信)
パ・リーグ 開幕 西武ドームに4000人が行列(毎日新聞)
posted by ひーせーラブ at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

テンの侵入口、屋根付近のすき間か…毛が付着(読売新聞)

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センター野生復帰ステーションでトキがテンに襲われて死んだ問題で、環境省は16日、テンの順化ケージ内への侵入口は、高さ5メートルにあるケージ南側の屋根と壁面とのつなぎ目のすき間(縦5センチ、横20センチ)とみられると発表した。

 侵入経路を特定するため、環境省は15日夕方から、ケージ内30か所に粘着テープを張り、調査していた。その結果、このすき間に張ったテープに外から侵入したテンの毛が付いていた。

 同省は、佐渡市内で同日開いたトキ飼育繁殖専門家会合で、順化ケージのすき間をすべてふさぎ、ケージの周囲に電気柵を張るなどの対策を早急に実施すると表明。ケージの設計・施工の経緯など調べる専門家による検証チームを近く新設する方針も示した。

 9月に計21羽で予定していた第3回放鳥について、同会合の座長を務める小宮輝之・上野動物園長は「外敵が入らない対策が先決」としたうえで、実施する場合でも(順化ケージに移していない)残り10羽程度になるとの見通しを示した。

<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
「がん医療のトータルケア、巻き返しが必要」(医療介護CBニュース)
首相動静(3月13日)(時事通信)
学習院と認識共有せず発表、東宮大夫が認める(読売新聞)
中村耕一容疑者 「1年ほど前から覚せい剤使用」と供述(毎日新聞)
posted by ひーせーラブ at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

<鳩山元総務相>自民離党 邦夫氏、孤独な戦い 与謝野氏、園田氏が距離(毎日新聞)

 新党結成を前提に自民党を離党した鳩山邦夫元総務相は当面、「孤独な戦い」を強いられそうな気配だ。連携相手と期待する自民党の与謝野馨元財務相、舛添要一前厚生労働相は慎重姿勢を崩さず、執行部に批判的な中堅・若手議員も16日、予定していた谷垣禎一総裁への直談判を中止して鳩山氏と距離を置いた。だが、谷垣氏の足元は揺らいだままで、党内では一連の新党騒動の余震が続いている。【坂口裕彦、野口武則、木下訓明】

 鳩山氏は16日、衆院本会議場で右前に座る与謝野氏に何度か話しかけた。この日朝、与謝野氏は東京都内の自宅前で記者団に「鳩山氏と連絡をとり、いろいろ話を聞いてみようと思う」と語っていたが、両氏が接触したのはこの場面だけ。新党で先走る鳩山氏との接触を懸念した与謝野氏側近の園田博之前幹事長代理が「会うのはやめた方がいい」と進言したためだ。

 本会議場での鳩山氏の「交渉」は続き、新党に意欲的な無所属の平沼赳夫元経済産業相とも短時間話したが、平沼氏から「ずいぶんオープンにしゃべったんだねえ」と皮肉られる始末。最後に兄の鳩山由紀夫首相に歩み寄り、「しばらく一人になります」と離党を報告すると、首相は「頑張ってください」と素っ気なく語った。鳩山氏は15日夜、舛添氏に電話し「勝手に名前を出して申し訳ない」と陳謝した。舛添氏は「気にしていない」と気遣いながらも、「(参院)予算委員会の筆頭理事に専念すべき時期だ」とクギを刺すのを忘れなかった。舛添氏は「あらゆる可能性をオープンにしているだけで、まだ何も決めていない」と様子見の構えだ。

 自民党執行部は、同調者が広がらない鳩山氏よりも、与謝野氏と園田氏の動きに神経をとがらせている。両氏がすぐ新党結成に踏み切る状況にはないものの、厳しい執行部批判が続けば、党の結束はおぼつかないためだ。大島理森幹事長は16日昼、国会議員の会合で同席した与謝野氏に握手を求め、「谷垣氏と話し合ってほしい」と持ちかけたが、与謝野氏は答えをはぐらかすばかりだった。

 ◇中堅・若手、総裁に直談判中止

 執行部刷新を求める山本一太参院議員ら中堅・若手は、16日午後に設定した谷垣氏との面会を急きょキャンセルした。事前の会合で「鳩山氏と連動しているように見られるのはいかがか」(平沢勝栄元副内閣相)という慎重意見が相次いだためだ。党内には、首相と同様に実母からの資金提供問題を抱える鳩山氏への不信が根強い。

 谷川秀善参院幹事長は16日の記者会見で「首相を大脱税王と言ったのだから、あの人(邦夫氏)も同じ脱税王だ。私は自民党としてしっかり対応する必要があると思っていたが、向こうが先に飛び出した」と鳩山氏に不快感を示し、谷垣氏の指示通り党紀委員会で早急に処分してけじめをつけるよう求めた。

 谷垣氏は16日、党代議士会で「日限を区切って『新党を作る』という議論になると、明らかに党の団結、参院選の勝利の障害となる。総裁として死にもの狂いで参院選に向かう態勢を作っていきたい」と訴えた。続いて当選1回の伊東良孝衆院議員が「谷垣総裁のもと一致結束して参院選に最大の力を発揮してほしい」と発言すると、谷垣氏は腰を浮かせて深く頭を下げた。

 だが、これで党内の不満が解消されたわけではない。礒崎陽輔参院議員らが16日に谷垣氏と大島氏に要望したシャドーキャビネット(影の内閣)設置には、党所属国会議員55人が賛同した。大島氏は「真剣に検討したい」と応じたが、谷垣氏は「民主党の二番せんじ」を嫌って影の内閣にはもともと消極的だ。この日の党役員連絡会では「党が一つにまとまるための具体的な方策を考えるべきだ」と注文がついた。執行部が何らかの手を打たなければ、批判は再燃しかねない。

全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判−静岡地裁(時事通信)
<雑記帳>長谷川等伯展で「オマージュ」ラスク(毎日新聞)
<沖縄密約>無利子預金調査 説明責任、果たせず 行政のずさんさ露呈(毎日新聞)
日銀審議委員に森本氏=政府が国会に提示(時事通信)
横転した車に夜行バス衝突、男性死亡(読売新聞)
posted by ひーせーラブ at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。